読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年超続いたアトピー完治までの記録

アトピー・モンスターとの30年以上の闘いに勝利した、もちゃこのブログ。   アトピーやアレルギーに苦しむ方の助けになりたいと思い運営中♪

アトピー患者に宗教勧誘ですか・・・①

アレルギー基礎知識 アトピー格闘記

そこで今、アトピーに苦しんでいる皆さんは。

私のように、宗教への勧誘をされたことがあるかしら?

あまりのアトピーの状態の酷さから・・・・。

 

 

 

アトピーがゲキ悪化して、顔が真っ赤になっていた時。

あの当時の私は。

原爆でケロイドになった人のように、全身が真っ赤だった。

 

その姿を隠したくてたまらなかった。

表の通りを顔や身体を隠さずに歩けなかったもの。

 

もちろん傷だらけのため、痛すぎて肌が出せないということもあった。

服を着ていても繊維を通して、風が吹くたびに全身の肌が痛みでしみるのだ。

 

一応、全身長袖長ズボン。

帽子をかぶり、サングラスとマスクをしていた。

それでも、顔を見れば真っ赤。

重度のアトピーで苦しんでいると、すぐに分かったようだ。

 

電車内で興奮した女性に、パンフレットを手渡された。

ある日の鍼灸院への通院中。

電車内で立っていたら、突然女性に声をかけられた。

鼻息荒く、突撃してくるようなその女性の、雰囲気に圧倒され・・・。

 

「ここに行けば、必ず良くなりますから。ぜひ、ここに行ってみてください!」

有無を言わせず、いきなりパンフレットを手に押し付けられたのだ。

どうひっくり返しても、宗教へのお誘い。

 

「あっ、はぁ・・・。どうも。」

内心、絶対行かないし・・・と、呆れ半分にそう答えた。

一応そのパンフレットを受け取って置いたけど。

 

すぐ捨てた。迷惑だし!

病気が良くなるとか、そんな宗教信じないし。

 

信仰する宗教がある人は、幸せな人だ。生きがいになるだろうし。

それは・・・自分一人で信じるだけなら、いい!!

 

人に押し付けないでほしいなぁ。

困っている人を助けたくなる気持ち、わからないでもないが・・・。

 

あの女性はさぞかし良い気分になったことだろう。

自分の信仰している宗教のパンフレットを渡したことで、人助けでもした気で。

 

はっきり言って、ありがた迷惑というか・・・。

私はすんごい嫌だった。

 

アトピーで病みすぎた自分から少しでも離れたくて、肌を隠しているのに。

そんな時に病気を指摘されると。ちょっとね。

 

お前は病んでるんだよ!って自分の病気を、外から後押しされているようで。

宗教への誘いは、かなり不快だった。

 

あれをどう捉えるかは、患者さんそれぞれだろうけど。

やられたら、受け入れられない人の方が多いんじゃない?

 

神におすがりすれば、病気は必ず良くなるのか?

私は、重度のアトピー患者になってから、何度神に祈り。

そして完治という幸運を願ったことか。

 

「神よ!神よ!」と。

でも、神にすがりついても、ちっともアトピーは治らなかった。

 

ずいぶん意地悪だよね神様。

どうせこれが、この世での私の学びだとでも言いたいんでしょう?

 

だから、私は自力でアトピー治したよw

誰にも頼らず。物にも頼らず。自分一人で治した。

 

私を宗教へと誘おうとした方は、きっと熱狂的な信者さんなのだろうね。

皆さんも、知らない人にアトピーを治してくれる所があると言われても、

ついて行ってはダメよ。お金取られるだけだから。

 

本当にあんな信仰で治ったら、ただのプラシーボだからw

まだ、小麦粉をアトピーの新薬と信じて飲んだ方が効く気がするけど。

 

宗教にはいれば、治療費とは別に、お金がかかるだけだから。

病気なんて、自分で治すもの。

なにかにすがりついてはいけません。