読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピー歴30年超!!もちゃこのアトピー完治記

元アトピー患者の、もちゃこです。 30年以上アレルギーマーチに苦しみました。 アトピー&アレルギー格闘記書いてます。 もちゃこ流アトピーの治し方も公開中。 丸いものとお茶、甘いものが好き。 絶対にあきらめるな!がモットー。早くアトピー治しちゃおうね♪

警告にゃ〜o(`ω´ )o人工甘味料に殺られるな〜!

前回のこちらの記事↓で気づいた方もいるかもしれない。

mochi36.hatenablog.com

そう。うちでは人工甘味料を一切使わないのだ。食品を買う時も、人工甘味料が入ってないか表示を確認。たまには外食するので、ストイックに除去してる訳ではないけど・・・。

 

 ステロイドだけで沢山!これ以上は食らいたくないものでね。

 

 

日本大百科全書によれば、人工甘味料とは・・・。

食品添加物として使用を認められている化学的合成品を主とする甘味料。合成甘味料ともいう。

 

なんだそうな。しかも、天然の甘味料よりも安いコストで生産できるのだ。そりゃ、低コストで高利益をあげたい食品会社が、飛びつかない訳がない!”国が認可”という大義名分がついてる物を、使わない手はないでしょ。ただ国が認可してても、危険性のないものってないわよ。。。

 

お店には、人工甘味料が添加されてた食品が溢れている。

コンビニやスーパーに並ぶ商品裏・原材料名の甘味料表示を、よく見て欲しい。アスパルテームアセスルファムKスクラロース・・・。なんじゃこりゃでしょ?ほんと意味不明な人工甘味料にまみれている食品ばかり♪

 

ここで声を大にして言いたい!!人工甘味料って、体に悪い。正直、ダイエットなんちゃら〜とか、カロリーゼロと書かれている商品は、あっぶないんだからね。本当にダイエットしたければ、無駄なもの食べなきゃ良いだけの話だしw

 

原材料名の表示を見ると、食品が買えなくなる・・・。

結構ツラめ。原材料名を見てしまうと、チープなそこら辺では買い物ができなくなってしまう。

 

商品にかかる甘味料のコストを抑えるため砂糖から人工甘味料に切り替えを行なっているお菓子会社や食品会社が最近多い。いくら国で認証されている低コストな甘味料とはいえ、体に悪い毒物を平気で添加できることに呆れてしまう。

 

今自分は健康だと思い込んでいる人。原材料名を見ずにそのまま買い物かごに商品を放り入れるので、危ないのよね。健康ゆえの無知さゆえ、自分が毒食わされているとは、まるで知らんのじゃ。きっと何が危ないのか、危なくないのか見分けがつかないのだろう。

 

実は・・・カロリーオフよりも、砂糖の方がまだマシ!!

カロリー気にして、人工甘味料を口にしているそこの貴方!悪いこと言わないから、人工甘味料が添加された飲料をガブ飲みやめた方がいいよ。 体には白砂糖の方が、まだマシってこともあるのよ〜。(糖尿病の人は、白砂糖もやめるべきだけど)

 

また、人工甘味料が肥満や糖尿病のリスクを高める”という実験結果を、イスラエルの研究チームが発表したらしいわ〜。怖いわねぇ。

 

このアスパルテーム神経毒と言われてます〜。な・の・に。日本では糖尿病患者にも、これをオススメしているのを見かけるのは、なんででしょう?血管や神経に障害が出ると言われる糖尿病患者がアスパルテームなんて摂取したら、もっと神経やられますよ〜。

 

特にパ●●イートという商品名でお馴染み「アスパステーム」を常用するのは、やめた方がいい。それで貴方が糖尿病が進んで痛い思いしたり、死んでもいいというなら、私は止めないけど。

 

健康な人もね。人工甘味料摂らない方がいいと思うわ。

私も、自然療法の治療院で人工甘味料の怖さを指摘されるまでは、原材料名をよく見ずに何でも口にしていた。歯科医院で、キシ●トールガムを噛むと歯に良いとサンプルをもらったり販売されていたので、私も大量にキシリ●ールガムをボトルで購入していたのだ。よく見たら、あれってアスパルテームとか、人工甘味料だらけ・・。

 

歯にいいからっていう名目で、歯科医院と食品会社にまんまと騙されたと思うわ〜。単に商品売りたいだけじゃん。自分らが儲けるビジネスしか考えない人が多いね〜売れれば他人の健康なんてそっちのけ。考えてみれば、ガムとか甘いもの食べて、体に良い訳ないじゃん。

 

”毒を食らわば皿まで”なんだろうか・・・。

アスパルテーム人工甘味料を使って食品を製造している会社の皆さん。少しでも安い経費で商品が作れて沢山商品が売れれば、人間の健康はどうでも良いの?貴方達の商売って、そんなものなの?

 

短期的に売り上げの状況を見た場合は、それでも良いだろう。でも、長期的視野で見た場合、買い手の健康を考えるのが第一だと思うけど。逆に、買い手が病気になった場合、それに合わせた商品でも開発するつもり?

 

そんな安っぽいビジネスして恥ずかしくないのだろうか。自分の子供や孫も、人工甘味料を口にするって、どう考えてますか?そんな神経毒を子供に食べさせて、貴方達本当に平気ですか?アスパルテームが安全というのなら、毎日大量に食べてその安全性を貴方の体で証明してもらえます?

 

 理想を言えば気が遠くなりそうだけど・・・・。

消費者の健康を第一に考え、体に優しい高品質な物を提供する。これが当たり前な社会であってほしいけれど。でも、今の世の中、綺麗事でしかないのかな?

 

買い手である私たちも、ぜひ賢い消費者を目指そう♪ とりあえず、商品の原材料名くらい、ちらっと見てみてね〜。