読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピー歴30年超!!もちゃこのアトピー完治記

元アトピー患者の、もちゃこです。 30年以上アレルギーマーチに苦しみました。 アトピー&アレルギー格闘記書いてます。 もちゃこ流アトピーの治し方も公開中。 丸いものとお茶、甘いものが好き。 絶対にあきらめるな!がモットー。早くアトピー治しちゃおうね♪

アトピーを克服した後に感じる、深呼吸の大切さ。

最近、巷ではマインドフルネスやら瞑想流行りのようだ。これらで重要になってくるのが、深呼吸!さぁて、胸に手を当てて、振り返ってみて欲しい。呼吸を意識した、ふかぁ〜い深呼吸をしたのは、果たしていつのことか。

f:id:mochi36:20170419115318j:plain

皆さん深呼吸くらいならどこでもできると思ってるだろうが。定期的に深呼吸を続けることって、案外難しくないかしら?特にアトピー持ちのあなた、呼吸浅くなってない?

 

 私が感じた深呼吸の効果。

  • 心身ともにリラックスできるせいか、入眠しやすくなった。
  • 自律神経や体内時計が整えられ、早寝早起きができるようになった
  • 重度のアトピーで気持ちが焦ってる時、精神的に落ち着くことができた。
  • 代謝が活発になるのを助け、体内の血液循環が良くなったように感じる。
  • 呼吸器が丈夫になり、肺活量が増えた気がする。
  • 徐々に血色が良くなり、肌も綺麗になっていった。

 その他色々。とりあえず深呼吸しすぎて、過呼吸にはならなかったのでご安心をw

 

まず、 健康な人が深呼吸すると。

健康な人が深呼吸をしても、体調がそう激変することはないだろう。でも、身体が寒さで冷え切り縮み切ってしまう時には、深呼吸の偉大な効果を感じられると思う。深く呼吸を続けることで、身体が自然と温まってポカポカしてくるのだ。

 

寒いとどうしても浅い呼吸になってしまいやすいけれど、深呼吸するようにしてみてほしい。深呼吸は身体が冷えた時でも、自家発電できる良い方法だと思うので。あと、サウナなどに入ってもっと汗をかきたいときは、深呼吸をすると発汗しやすくなるのでオススメ。

 

あと、深呼吸は心の病気を持たれている方にも、ぜひ試してみてほしい。例えばうつ病とかノイローゼなどの患者さん。薬をドバドバ大量に飲むよりも「よく歩き、よく眠り、深く呼吸♪」というのを、ぜひ試してほしい。

 

まぁ、浅く短い呼吸だと、気の巡りとか血液循環がどうしても悪くなってしまう。これは、徐々に気も病んでいくという負のスパイラルに陥りやすいわけ。

 

そして、アトピーの人が深呼吸をすると。

アトピーの人は、なによりも1番先に痒みに気がいってしまう。そのため、日常的に普通の人よりも呼吸が浅くなってしまう。

 

また健康人が熱をうまく体内に保持していられるのに比べ、アトピーの人は体内の熱が肌などの体表に逃げやすい。これは、食物から熱や栄養を得ても、内臓がうまく処理できないためだ。これは自律神経も狂っているせいもあるのだが。アトピーの人は寒がりが多いのである。

 

アトピーの人は元々身体の芯が冷えているため、数回深呼吸したところで、温まるのには程遠いかもしれない。だが、ある程度深呼吸を続けてゆくと、アトピーの人の身体も温まってゆくので、血液循環が良くなり肌のかゆみが増したりする。

 

かゆくてつらい時は無理をする必要はないが、身体が温まるのを感じるまで毎日少しづつでも深呼吸を続けてみてほしい。この一番辛い時をくぐり抜ければ、徐々にアトピーが改善してゆくという、一条の光が見えてくるのだ。

 

結局のところ、深呼吸をして自力で自律神経をコントロールしてゆく方法を取るというわけ。

 

 

言わずもがな。もちゃこ流、深呼吸のやり方。

 

まず、呼吸の呼(こ)から始める。息を吐くのだ。呼吸は、吸うよりも吐く時がもっとも肝心だ。一すじの糸を出すよう蜘蛛の様に、少しずつ吐く。この時、お腹の奥深くから吐くようにするのだ。はい、ご一緒にどうぞ。

 

「すーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〜ーー。」でも、「ふぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー〜ー。」でもどちらでも構わない。

f:id:mochi36:20170419110527j:plain

息を吐ききったら、あとは大きく吸うだけ。これを繰り返すうちに、身体が芯から温まってくるのがよくわかる。代謝がよくなると、深呼吸を繰り返すだけでも次第に身体から汗が吹き出してくる。

 

アトピーが今重症で、少しでも身体が温まるとかゆくなってしまう人には、最初のうちはつらいかもしれない。だが、続けていくうちに代謝が高まり、肌の調子も改善していくのである。アトピーの人にもぜひ健康な人も、続けてほしい健康法の1つである。