読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピー歴30年超!!もちゃこのアトピー完治記

元アトピー患者の、もちゃこです。 30年以上アレルギーマーチに苦しみました。 アトピー&アレルギー格闘記書いてます。 もちゃこ流アトピーの治し方も公開中。 丸いものとお茶、甘いものが好き。 絶対にあきらめるな!がモットー。早くアトピー治しちゃおうね♪

今度は香辛料が原因でアナフィラキシー発症?!〜再発編〜

怒りが原因でアナフィラキシー発症?!より続く。この時、大きな病院に行った時に言われたことなんだけど。「1度アナフィラキシーになると、何度も繰り返しやすい」ということが判明。その時は、軽く考えて聞き流してしまったのだが・・・。

f:id:mochi36:20170327194202j:plain

 

 

 また再発です!!お岩さんと蛇女になりましたから!!

実は1度目のアナフィラキシーから4ヶ月後。私はまた2度目のアナフィラキシーに襲われ、地獄を見ることになるのだ・・・。

 

この日、なんでかわからないんだけど、唇が痒いのが気になってた。蕁麻疹が出ているのか、顔に発赤が出てて、唇が赤い感じになってたのね。多分、疲労が溜まっていたのだと思う。なのに銭湯行って。余計疲れてたかも。

 

しかも昼夜2食とも外食続きで、思いっきりこってりしたもの食べた。今考えると、食事内容がかなり自殺行為だったと思う。やっぱり、アレルギー持ちは、食事に気をつけるべきだね。

 

 ジャジャーン!!これがアナフィラキシーになる前に食べたメニューであ〜る。

f:id:mochi36:20170327194430j:plain

昼は、バターと卵たっぷりのオムライス♬夜は、香辛料がドバドバのインドカレー

 

いやほんと、胃腸が丈夫な健康体の人には、なんでもないメニューなんだけどね^^;

 

その日の夜に、また身体に異変を感じた。

まるで自分が、油の海の上に浮かんでいるような気がしていた。身体中がオイルに包まれた感じ。まるで眠れない。そしてまたあの異常なかゆみに襲われた。そして私は気づいたのだ。

 

アナフィラキシーが再発したことを・・・。

 

次の朝。鏡を見ると。そこにはお岩さんの様に、顔がボコボコに腫れ上がった自分がいた。呆然とした。泣きたいのに泣けなかった。4ヶ月前にアナフィラキシーになった時まで、時間が巻き戻った気がした。

 

せっかく1ヶ月静養して、嫌というほど苦労したのに、また再発か・・・。やっと身体のコンディションが元に戻ってきて、可愛い服が着られるようになっていたのに!!

 

再発した理由を鍼灸師さんが分析してくれた。

そして、私はまた鍼灸院に駆け込むことになる。

 

鍼灸師さん曰く。「初回のアナフィラキシーは「怒り」が火になり、私を傷つけ、「火」が肌から出てきた。2回目のアナフィラキシーは、カレーに含まれていた「香辛料」が火になって、私を傷つけ、肌から吹き出てきた状態なのだろう。」

要約すると、こんな感じ。

 

元々、私は香辛料をうまく消化できるだけの胃腸を持ち合わせていない。らしい。特に玄米酵素アトピーゲキ悪化してからというもの、胃腸の調子が悪くなったまま元に戻らずにいる。そんな私が、今回は自分のキャパ以上のカレー(香辛料)を食べた。

 

「そこで私の身体は、胃腸から正常に消化しきれなかった香辛料や、その熱を体外に排泄するため、皮膚から出そうとしたのだろう。」と解説してくれた。

 

確かにうなづける。実は私、昔から香辛料や辛い物が苦手で。いつも家庭で食べていたのも、甘口のカレー。なのになぜか数ヶ月のうちに、何度も外食でカレーを食べていた・・・。しかも今回は、インド人が作った香辛料ドバドバ、インドカレー・・・。

 

そりゃどう考えても私の胃腸には、キャパオーバーじゃんね。いつも食べ慣れないものを、胃腸の弱い私が消化しきれなくて当たり前。皮膚も消化しきれない香辛料の処理に、たいそう困ったことだろう。

 

f:id:mochi36:20170327194313j:plain

ごめんね、私の胃腸!

 

怒りの火については、いつも怒らないように十分気をつけていたのだが。アトピーの症状が回復していくのに連れ、食事に対して鷹揚になっていた。つい、羽目を外してね。いや、だいぶ羽目を外して。

 

なんでもこーい♪なんでも食べてやる〜♪みたいな感じだったかもしれない。胃腸にダイレクトに響く刺激物に対しての意識が、かなり薄れていたようだ。まぁ、疲労もかなり溜まっていたし、胃腸もいつもより疲れていたのだろう。

 

肌という私の弱い部分から、香辛料の「火」が吹き出したのは、人体の不思議だね。

 

で、今回は医者に行ったのか?

前回の経験で、足の裏の皮がバリンバリンにむけると、歩けないぐらい痛いのがわかったので、治りを早くするために、今回はお医者さん行きましたよ〜。抗アレルギー剤いただいて。ほとんどつけてないけど、ストロングのステロイドもいただきました。

 

おかげさまで今回は数週間で治して、なんとか働きに行けました。

 

んー、なんで医者は再発したのに、エピペン処方してくれないんだろ〜。って思う。

初回は、気道も腫れていた感じで、息が上手く吸えなくて息切れがした。だから、結構重症な方だったハズなんだけどね〜。

 

でも私の場合、複雑に要因が絡み合って、アナフィラキシー現象が起きるわけなので。

普通の蜂とか蕎麦アレルギーが重度の人みたく、原因が特定されていないから、エピペン処方されないのかもね。

 

一体、アナフィラキシーでどんな症状が起きたのか??

まず最初は、かゆみの後に顔や身体中がパンパンにはれあがった。目が開かないくらいに、どこの肥満児?ってくらいパンパンなるの。手の甲にエクボができて。これ以上むくんだら破裂しちゃうってくらいに腕や手が痛んだ。そして、身体中がかゆんだ。

 

それから1週間経つか経たないかで、水疱が足の裏やてのひらにできて。そして手や足、顔の皮が破けると、水分が出てくる。その後、ポロポロ皮膚が剥がれ落ち。徐々に綺麗な肌に戻る感じ。

 

発症から症状が治まるまでは、多分人それぞれだと思うけど。私の場合は、治るまで数週間から1ヶ月程度かかった。でも、皮膚が綺麗で正常な状態に戻るまでは数ヶ月を要した。

 

アナフィラキシーになって大変だったこと。

本当に、ここには書ききれないほど、アナフィラキシーもめちゃめちゃ大変。アトピーのリバウンドよりも、処理が大変。ズバリ、毎日のおそうじも骨が折れた。

 

皮下に水分が溜まり、かゆみと一緒にその水分が外に出る。その後、死んでしまった皮膚がむけ、真皮になるまで、身体中が脱皮状態になるのだ。足の裏の、本来なら固いはずの皮さえもガバッとむけた。

 

お部屋中、私のピラピラむけた皮だらけ。

 

毎日、畳をホウキではいて、部屋の中をお掃除してた。自分の皮膚の皮と向き合う日々、思い出しただけ泣けてくる。

 

あと大変だったのが、洋服。

 

脱皮してる時の肌はとても敏感で、皮がとても薄くなっている。季節は夏なのに、肌が外に出せなかった。肌が完全に再生するまで、長袖に長ズボン。もちろんサンダルもはけない。あぁ、この前までやっと肌が回復して、可愛いいお洋服やパンプスも履ける様になっていたのに!!くやしいなぁ、もうって感じ。

 

つくづく神様は意地悪だなぁと思う。

アトピー、鼻炎、花粉症、喘息。そしてアナフィラキシー。私は人の何倍もアレルギーには、打ちのめされてきたと思う。なのに、この世界には風邪一つ引くことなく、ピンピンコロリで死ぬ人も多い。

 

「花粉症?スギ花粉の下で遊んでたけど、なったことないよ」とか。「インフルエンザ?かかったこと1度もないね」とか。そういう、おじいやおばあが、沢山いるでしょ?

 

粗食で育った彼らの胃腸は、とにかく頑丈。皮膚も丈夫なのだ!!

 

こういう人たちに出会うたびに。なんで自分は、病気に足を取られているのか。好きなこともできず、お金、若さ、時間、仕事、色んなものを失うのか。なぜ、ズルズルとアレルギーと共存しているんだろうと落ち込むことだってあった。何度となく。

 

でも今の私が言えるのは、アトピー治したきゃ「とりあえず身体を鍛え、内臓を強くしよう」ってこと。アレルギーに打ち勝つだけの身体づくりを、小さいうちからしましょうねってこと。

 

あとは、自分を支えてくれる人のことを考えて、落ち込んでも早く立ち直るようにする。それだけかな。

 

アナフィラキシー発症後、身体の変化に気づく。

重要なことを思い出したので、付け足す。なんとぉ〜!悲しいことに。

 

2回目のアナフィラキシー発症後に、香辛料が一切食べられなくなった。発症数週間後、スープの中に少しでも胡椒が入っているだけでダメ。口に入れようとするともうむせる。発症数ヶ月後でも、胃腸が微細な香辛料を感知して、腸がブツブツいっていた。怖いので、柿ピーすら食べられず。

 

カレーはもちろん避けてた。家族が美味しそうに食べていようと。たまに食べたくなるけど、今もあまり積極的には食べないなぁ。アトピー治っても刺激物は取らないに越したことはないものね。あの悪夢のような日々を思えばなおさら。

 

アレルギー持ちの人は、アレルギーマーチを起こさないように、気をつけてね。

f:id:mochi36:20170327195047j:plain