読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30年超続いたアトピー完治までの記録

アトピー・モンスターとの30年以上の闘いに勝利した、もちゃこのブログ。   アトピーやアレルギーに苦しむ方の助けになりたいと思い運営中♪

花粉症ってくしゃみ鼻水だけじゃなかったの??後編

アレルギー基礎知識

花粉症ってくしゃみ鼻水だけじゃなかったの??前編より続きます。

 

花粉症には、ストレスも根強く関係していますよね。皆さんは花粉症がつらいからと、一日中くしゃみ鼻水や花粉症のことばかり、気に病んでいませんか?もーつらい、もーつらいってネガティブなこと言ってたら、病気になりますよw

 

まずは、スッとするミントの香りでも嗅いだり、ガムでもかんで、気分転換してくださいね。

 

 

大人になってからのスポーツ、オススメです。

歩いてもいい、走ってもいい。自分が興味が持てそうなものをやってみてください。 私なんて、卓球でラリー始めちゃうと、集中しすぎて悩み忘れちゃいますし。バトミントンも、思っていたよりも運動量あるもんだな!なんて気づいたり。

 

運動するって、子どもの時とはまた違った楽しみ方や、発見があるんですよ♪花粉症だからといって、家にこもらず、どんどん外出して、楽しい経験しましょうね。花粉症であることは、なるべく忘れるようにしちゃいましょう。

 

 皆さーん、きちんと花粉ケアしちゃってますか? かつて、花粉アレルギーにも悩まされていたとき。私は、厚手のマスクはもちろん、ゴーグル型のメガネと、●●●まで買いました。(●●●は、ご想像にお任せです。知りたければ連絡ください^^)

 

あと、髪の毛まですっぽり隠れる、毛糸の帽子かぶってたかな。ナイロン製のツルツルな洋服も、着てましたし。超完ぺきな完全防備ですよね。万全の花粉症対策と言えるでしょ?やってる時は、自分アレルギーと戦ってる!とか、悦に入ってたんですけども・・・。

 

でも、これは今考えると、やりすぎてたんだな、と思います。

 

しかもこのカッコ怪しすぎて、犬にも怖がれましたから。

頭部と顔全体を帽子、メガネ、マスクで覆うので、外からは、ほぼ私の顔が見えません。道を歩けば、犬にも怖がられるんですよ^^;

 

なんじゃこりゃ~って、まず後ずさりするワンちゃんもいれば、「もしや襲ってくる?」ってしぐさをして、おびえながら飼い主さんに隠れて、こっちをじ~っと見てくるコもいました。

 

どうやら、これは人間も犬と同じように、相手の顔が見えないと、妙に危機感を感じるようですね。周囲の人に「怖い。」って、言われてました。やってる本人は、別になんとも思っちゃいないんですけどね~^^;

 

”だってしかたないじゃん、私花粉アレルギーなんだし!”な~んて、見た目怪しい人な自分を、正当化していました。

 

しかも、そのカッコで、女子高生達の後ろ歩いてると、よく「うわぁ~。」って、後ずさりされたもんです。ごめんよ!JKちゃん!!まぁ、銀行強盗並みに顔隠してすぐ後ろ歩かれたら、びっくりされますよね。

 

症状を抑えたり守ったり、しすぎるのもね・・・。

ただ、ここまで完全防備にしてても、花粉症による肌荒れやアトピー悪化は避けられなかったので、あんまり意味なかったかも・・・。物理的に一番重要なのは、身体から完全に花粉を排除しようとか、遠ざけようとすることではありません。

 

花粉に負けない抵抗力を持つ体作りをすることが、最重要なんです。

 

あとは、メンタル面の問題ですよね。私の経験上から言えば、精神的に神経過敏になりすぎると、身体も花粉に敏感になりやすいようです。もっと心身ともにおおらかになろうよ、花粉も受け入れちゃおうぜ~、気楽にやろうよ自分。って今は思えます。 

 

病気って、意識しすぎて、病にばかり気をとられすぎると、良くないんです。症状がもっと重くなったり、長引いたりするものですよね。

 

病気であることはなるべく考えない。アトピーもしかりです。アトピーやアレルギーであることを、忘れてしまえるほど、何かに没頭してみてください。

 

 自分の好きなことに、集中して取り組むと、また自分の前に広がる世界が変わって見えます。

 

これはとても難しいことですが、アトピーやアレルギーを治すための一番の近道といえますね。花粉症のお話は、とりあえずここまで。皆のアトピーやアレルギーが、早く良くなりますように^^